365fx手数料
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視力回復失敗例から知っておくこと

視力回復失敗例については、視力回復レーザーの体験談などと合わせて情報を知っておくべきです。

レーシック手術などの前に視力回復失敗例というとマイナスイメージになりますが、手術を受けるに当たっては万全な準備をして判断した方が良いのですから。
視力回復失敗例を知って、レーシックなどの視力回復手術のデメリットも知ってください。


有名人が受けているから、メガネやコンタクトが面倒だから、そんな理由で安易に視力回復手術を受けてしまうと、後悔してもしきれなくなるかもしれませんよ。

レーシックなどの視力回復手術は、一度受けてしまうと元に戻せないのです。

視力回復失敗例というほどではなくても、手術後に極度のドライアイになってしまった、光などの刺激に敏感になったという話もよく聞きます。

期待していたほど視力が回復しなかった上に、ドライアイになってしまったら、お金と時間を返してほしくもなるというもの。
でも、それは難しいです、裁判でも起こさない限り可能性はありません。裁判でも勝てる可能性はないでしょう。


ちなみに、レーシック手術での視力回復は実は視力矯正でしかありません。目がよくみえるようになったとしても、根本的治療ではないのです。ここは、誤解されていることが多いので注意が必要です。



最近は、寝る時につけるだけで視力が回復するという視力回復コンタクトレンズや絵を見れば視力が回復するという視力回復3Dなど、他の視力回復法も次々に出てきます。

将来、医学の発展により、根本的な視力回復法がみつかったとしても、レーシック手術を受けていたために使えない、なんてことになる可能性もあります。


今までは、レーシックを受けたために失明したという症例はありませんでした。

しかし2009年の2月になって、レーシック手術後の感染症により、角膜移植が必要になるかもしれない(つまり、失明の恐れがある)という症例が明るみになり問題となりました。

この例のように、レーシック手術前の講習、機械の消毒・メンテナンスも行わず、感染の報告も保険所にしていないような病院で手術を受けると、視力回復どころではない失敗例になってしまう可能性は低くありません。

レーシックを受けてよく見えるようになったとテレビ番組などで公言するタレントもいて、レーシック人気に拍車をかけていますが、効果に満足のいったタレントはその素晴らしさを話すでしょうが、もし効果に満足いかないタレントがいたとしたらどうでしょう。

社会的な影響があることは誰よりも知る彼らはマイナスイメージを与えるような事は言わないはずです。


したがって、テレビのバラエティ番組などで耳にする情報だけでは偏ったものになります。

いろいろな情報を集めて視力回復失敗例についてもある程度の認識をもっておくべきですね。

テーマ : 視力回復
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。