365fx手数料
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車用サングラスとは

自転車用サングラスというのもあるのです。
ご存知でしたか?
これは本格的に自転車に乗る方は知っているでしょうが、そうでない方も、自転車に乗る機会が多いのであればこれを参考にされてください。

『自転車』と一口に言っても、様々なジャンルのサイクリングがあり、
自転車サングラスも、ロードバイク用、マウンテンバイク用、MTB・BMX用、クロスバイク用、リカンベント用などいろいろあります。


それぞれのジャンルでの使用条件に合ったサングラス選びが重要です。
▼自転車サングラス選びのポイント
・転倒時の安全性
サイクリングジャンルによっては、転倒の可能性が高い場合が有り、転倒時に割れにくいフレームやレンズ素材を選び、もしもの場合の顔へのダメージを最小限にする配慮が必要です。
・風の巻き込みを防ぐ形状のレンズ
高速で走るスポーツタイプのサイクリングの場合、顔とレンズの間から風を巻き込み、長時間の走行では乾燥により目に負担を与えますので、レンズ形状がハイカーブの物を選ぶ事をお勧めします。
・ヘルメットとのバランスの考慮
ヘルメットと耳にかかる部分がきつ過ぎない(干渉しない)フレームを選びましょう。
長時間の走行では、頭痛などの原因になり、走行に集中する時の妨げになります。
・レンズカラー、濃淡の選択
日本の激しい気候変化でのサイクリングでは、レンズカラーは『全天候タイプ』がベストです。
『調光レンズ』『偏光レンズ』『遠近両用レンズ』など、様々な高機能レンズが発売されていますので、サイクリングジャンルや天候などに合わせて選びましょう。
・骨格(顔)に合ったものを選ぶ。
・軽量である事。

以上のことを頭に入れて、自転車サングラスを選ぶと良いでしょう。
本格的に自転車を楽しむだけでなく、これからサイクリングにも気持ちのよい季節です。
自分にあった自転車サングラスをかけて快適なサイクリングを楽しんでください。

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。