365fx手数料
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆既日食はサングラスで見られるか?

皆既日食が国内で46年ぶりに観測できるということで盛り上がっています。
皆既日食現象の日がいよいよ、7月22日に迫ってきたのです。

国内の日食グラスの製作会社(埼玉県越谷市)なども皆既日食が間近にせまり、
生産にピークを迎えています。

この生産工場は埼玉県所沢市の光学機器メーカー「ビクセン」で、
ここで作られている「日食グラス」は
樹脂製フィルターで太陽光を約250万分の1に減光する性能があるのです。


7月22日と迫り、ワクワクする皆既日食ですが、今回、国内で皆既日食となるのはトカラ列島や屋久島、奄美大島などの島々のみなのです。

そのため、同方面への皆既日食ツアーなるものが多数企画されていますが、
中には、実際には皆既日食をみることができない、スケジュールで組まれたツアーもあるといわれています。
まったく見られないわけではなく、本土と同じような部分日食しか見られないというのです。
もし、ツアーをお考えの方はよく確認しておきましょう。


ところで、一般の遮光サングラスで皆既日食は見ることができるのでしょうか?

前述の光学機器メーカー「ビクセン」では
「黒い下敷きやサングラスは減光が不十分で、紫外線などが素通りして危険。日食グラスで観察してほしい」
と話しており、サングラスで観察することは避けた方が良いようです。


そもそも、普段の太陽を裸眼でみることは危険ですし、
皆既日食といっても、その前後は太陽の光も普段どおりなわけですから、観察するのも十分な準備が必要なのです。

日食グラスを使っても、タイミングをはかって観察せねば目を痛める可能性は無いとはいえないのでしょう。

安易に太陽を直視しないように気をつけてください。

先日、インドだったと記憶しますが、
「太陽を見つづけると悟ることができる」という修行を行う人が頻発して、複数の方が失明したというニュースを見ました。

お気の毒ですが、太陽の力を実感させられた事件でした。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。