365fx手数料
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼鏡フレームについて

眼鏡フレームを選ぶことが、やはり
眼鏡選びの重点といえます。

眼鏡を作るときにはレンズはもちろんですがそれ以上に悩むのがフレームですよね。
前項の眼鏡ブランドの種類などからもわかるようにフレームはレンズ以上に選択の幅が大きいからです。

そこで、今回は眼鏡フレームの選び方に焦点を当ててみたいと思います。


まず最初に「自分が眼鏡をかけることによって、どう見られたいのか?」を押えておく事が大切です。

「知的に見られたい」、「活発に見られたい」、「若く見られたい」、などなど・・・。
自分のおおまかな希望を考えてから眼鏡屋さんにいくと選択を絞れますし、お店の方にも相談しやすくなります。

フレームの材質も大事です。フレームの材質は、「メタルフレーム(金属性)」と「セルフレーム(プラスチック製)」に分けられます。

メタルフレームには「チタン」(加工が難しいが、軽量、熱に強い)、「形状記憶」(加工が非常に難しい、多少曲げても元に戻る、軽量)等があります。

セルフレームで代表的なのは、「アセテート」(現在セルフレームのほとんどがこれ、水分を吸収しやすく変形しやすい、燃えにくい)、
「超弾性樹脂」(ずれにくくスポーツ向き、曲げに強い)等です。

それぞれ「メタル」はモダン、「セル」は都会的といったイメージも持っていますね。

またそういったおしゃれの部分以外でも、矯正器具という面から「かけごこち」ということも大切な要素といえます。

以上のような点「イメージ、材質、かけごごち」を全て兼ね備えた物を作ってもらうのはなかなか大変です。

一つを納得いくまでこだわって作るのも結構ですし、ビジネスとレジャーなどのシーンに合わせて複数作ってみるという方法もあります。

眼鏡フレームの選択で見落としがちなのが、レンズとの相性なのです。
特に度が強い方の場合は極薄クラスのレンズを作ったとしても厚みがかなり出ますので、
そのレンズを入れたときのフレームというものをイメージしておかねばなりません。

具体的にいうと、細すぎるフレームでは、レンズの厚みが際立って見た目が悪いことが考えられるということです。
そうして点も考慮しながら眼鏡フレームを選んでみてください。

テーマ : メガネ・サングラス
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。