365fx手数料
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単眼鏡とは

単眼鏡を使いこなしている人はかなり少ないでしょう。

もし、単眼鏡をさりげなく使う人をみたらきっと貫禄さえ感じると思います。

おっと、単眼鏡なんていうアイテムを、眼鏡のシリーズで語ってしまいました。

ところで、皆さんはちょっと遠くにあって見えない看板や案内板を見たい時どうされますか?
普通は近くまで行って確認されるのではないでしょうか。

「単眼鏡」ってご存知ですか?あまり耳にしない言葉だと思いますが。
でも「単眼鏡」は聞いたことがなくても「双眼鏡」ならみなさんご存知だと思います。

ここでは冒頭で語っていた、眼鏡の仲間、単眼鏡についてお話します。

単眼鏡はシンプルに説明すると、両方の眼で見るから「双」眼鏡。対して、片方の眼で見るから「単」眼鏡ということなのです。

では、なぜ双眼鏡でなく単眼鏡を使うのかというと。

単眼鏡は双眼鏡と違い小型で軽い為、持ち運びに便利なのです。ちょっと遠くの物を見たい時には充分実用に堪えます。

単眼鏡にはいくつかの種類があります。

「焦点固定式」は焦点が固定されている為、手軽に使えます。

「焦点調節式」の場合は手元から遠距離まで使用できます。これは多少慣れが必要です。

他にルーペ型もあります。

単眼鏡は看板等の確認のほか使用出来る場面としては、劇場、コンサート会場、美術館などですが、動物園や水族館で使っても面白いかもしれません。
単眼鏡を三脚に付けて使用することでバードウォッチングも可能な機種もあります。

単眼鏡の選び方ですが、ポイントとして倍率、視野の広さ、明るさがあげられます。

最初は倍率の高さで選びがちですが8倍もあれば充分かと思います。
倍率が高くなればなるほど視野は狭くなりますし、画は暗く、更に手振れがひどくなり実用的でなくなってしまいます。いたずらに倍率を重視する必要はないということですね。

そういった面から最初に使う単眼鏡は倍率8倍前後の焦点固定式が良いでしょう。

あと金額もある程度高い名の知れたメーカーの物を購入されたほうが単眼鏡(双眼鏡も)の場合は安心できると思います。
単眼鏡も双眼鏡と同じく、眼鏡以上い精密な機械だからです。

火に近づけない、温度の急激な変化に注意する、柔らかい専用布などで手入れする。
というような配慮も必要ですね。

テーマ : メガネ・サングラス
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。