365fx手数料
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視力回復トレーニングは自然治癒力で

視力回復トレーニングについて、考えてみましょう。

視力回復への道にはレーシック手術などもあることは前回触れましたね。

芸能人などもこのレーシックを施した方々は少なくないのは、
やはり、短時間で効果が期待できるからでしょう。

ただ、外部からの手術による影響はなんらかの形であるようです。

芸能人の川島なおみさんもレーシックを受けた一人ですが、
遠くがとにかく見えるようになった。でも、近くが見えにくくなった。
と感想を言われてました。
そうした影響がある可能性を知っておくべきですね。



視力回復トレーニングで視力を戻そうとするのは、体の自然治癒力を頼るわけですから、
とにかく、根気と時間が必要です。

視力回復トレーニングは、やりすぎると逆効果になってしまうこともあります。

視力回復トレーニングをやるときには、一日10分程度にとどめ、毎日継続して行いましょう。
視力回復トレーニングをしたからといって、短期間で劇的に効果が出るわけではありませんが、
続けることで成果が出ます。何事も継続は力ですね。



視力回復できていないように感じても、それ以上、視力が悪化しないですんでいるのかもしれません。
視力が悪化していくスピードの方が、視力回復トレーニングの効果を上回っている場合もあります。


具体的な視力回復トレーニングの方法としては、眼球トレーニングが一般的でしょう。
このトレーニング方法は。
目を上下左右に動かし、斜めに動かした後、ぐるりと左右に回します。
意識的に寄り目にしたり、反り目にしてみるのも、視力回復トレーニングになると思います。

次に、紹介したい視力回復トレーニングが、遠近トレーニング法です。
目の近くにポールペンや指などを突き出して、じっとみます。
なるべく遠くのものをみて、また近くのものをみてください。

近くのものと遠くのものを交互にみることで、ピント調節のトレーニングになります。
調節力のトレーニングとしては、みえるかみえないかというギリギリの文字を
目を細めないようにしながら、注意深くみるのも有効な方法です。

息を止めないで、瞬きを強めにして行います。
終わった後は、目を閉じて目を休ませてください。
視力回復トレーニングは、必ず裸眼で行い、終わった後は目を休息させることが重要です。

実にシンプルな方法ですが、これぞ継続は力、自然治癒力のなせる技なのです。

テーマ : 視力回復
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。